读万卷书,行万里路

2018年12月24日星期一

夜に燈ともし——A Japanese Poem

没有评论 字体大小:[小] [中] [大]
A night in Hokkaido

夜に燈ともし

かいこがまゆをつくるように
私は私の夜をつくる。
夜を紡いで部屋をつくる。
ふかい堇色の里空のもとに
一人だけのあかりをともして
卵型の小さな世界をつくる。

昼はみんなのためにある。
私はその時何もかも忘れて働くのだ。
夜にはみんなが遠い所へ退いてしまう、
すべて見えていたものが見えなくなり
我ままな私のために 
やさしく遠慮ぷかく暗い中に消えてしまう。

さびしい一人だけの世界のうちに
苔や蛍のひかるように私はひかる。
よい生涯を生きたいと願い
美しいものを慕う心をふかくし
ひるま汚した指で
しずかな数行を編む

苦しい熱にみちた昼の私を濾して
透明なしたたりにしてくれるもの
一たらしの夜の世界
自分のあかりをつけるさびしい小さな世界
おもいでと願いのためにある卵型の世界
一人で通る今日とあしたのしずかな通路。

English

BURNING A LIGHT AT NIGHT

As a silkworm spins its cocoon
I spin my own night
I reel off the night to build a room
Under the deep-violet-colored starry night
I burn a light just for myself
and build a small egg-shaped world

The daytime is there for everybody
That’s when I work forgetting everything
At night everyone recedes to distant places
All things visible become invisible
and for pampered me
gently thoughtfully melt into the darkness

Inside a world for myself alone
I gleam just as mosses and fireflies do
Wishing to live out a good life
to deepen my heart’s desire to yearn for the beautiful
I weave a few quiet lines
with my fingers still soiled from my daytime work

A drop of my nightly world,
my small solitary world with my own light on,
my egg-shaped world for recollections and wishes,
a quiet pathway I take all alone between today and tomorrow –
it filters the painful fevers from my daytime self
to make me into a crystalline droplet


©Translation: 2009, Takako Lento

没有评论 :

发表评论